FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入学資格試験合格 → 失業者

最近のニュースで、7月の失業者数が昨月比で増加したが、その背景には学校卒業者や中退者が失業届を出す事が、その原因の一つであるということだった。

7月にギムナジウムを卒業した次男の学年の中にも、大学入学資格は取得したものの、進学する気は更々なく、応募した職業訓練先にも全て断わられてしまった生徒がいるという。

確か次男が高等部に上がって前期が終了した頃だと記憶しているが、次男が希望する生物化学科の足切り点が、州内の大学は軒並み1,3程で、下手をすれば、卒業後数年を学科関連の職業訓練、或いは職業学校で職業資格を取得させることを考えた事があった。

ネット等で簡単に職業訓練の応募について検索しただけだったが、大手の会社や銀行関係などは卒業の一年半位前には応募を開始しなければならず、小売業などでも最低半年前頃までには応募する必要があるようであった。

前出の生徒は平均前後の成績の生徒であったときくので、あくまでも個人の憶測ではあるが、希望する職種への応募が遅すぎたのかもしれない。

勿論ドイツはコネ社会であるから、縁故採用というのは強いが、それが望めない場合は、正々堂々と勝負にでるしか仕方ない。

ところが、どこかの民放の番組で、会社の書類選考において、同学歴で近似の成績であった場合、ドイツ人が外国人に対して圧倒的に有利であることが明らかであるとリポートしていた。

これは何も職業の採用に限ったことではなく、大学入学についても同様である。

外国の学校を卒業した生徒の枠は別に設けられていることが多いが、ドイツでギムナジウム等を卒業した、外国人或いは移民背景のある外国人生徒に限っていえば、ドイツ人と同じ枠で選抜される。

ドイツの国立大学のうち、足切りがある大学の多くは募集人員の20%はアビトゥアの成績のトップから順に、20%は空き待ちの年数が長い生徒から順に、残る60%は大学の選考組織によって選ばれた生徒から取っている。

例えば昨年度のデュッセルドルフ大学の生物化学科についていえば、トップ集団からの生徒の成績の平均は1,3であっても、大学が独自に選考した生徒のうちの最低の成績は2,1となっている。

独自選考も何も、デュッセルドルフ大学の生物化学科ではアビトゥアの成績以外、職業訓練歴、研修歴、その他一切を考慮せず、唯一考慮されるのは、応募者が講義が開始される時点において、デュッセルドルフに隣接する都市に保護者と同居する未成年であることのみである。

60%の合格者が一体どういう生徒群であるかは、ドイツらしく限りなく不透明である。

次男のコースメートは応募したものの、空き待ち番号の桁の多さに怯み、結局は昨年の夏に次男と一緒に参加したナノテクノロジー・コースの訪問先である専門大学に進学することにしたときく。

また、このコースメートに次いで、次男と極似のコースを取っていた生徒は、地元の専門大学の電気工学科に進学するらしい。

長男と同じく去年ギムナジウムを卒業した男子生徒の一人は、デュッセルドルフ大学の化学科に進んだが、クリスマス休暇後に退学し、最近まで学校近くのガソリンスタンドでバイトをしていた。

また昨年別のギムナジウムを1,9で卒業した姪は、ボッホム大学の生物化学科に入学したが、進級に必要な単位が取れずに退学し、秋から地元の専門大学に行く。

ところで大学の事前補習講義が始まる前に、子供部屋の改修をしようと、部屋にあった玩具などを、子供達が卒業した近燐の小学校に寄付に行った際、同年代の子供を二人持つ知人と会い、その子供の近況を聞いて驚いた。

というのも、上の子供は小学校時代、姪と同じクラスで、姪と同じギムナジウムに進学していたのだが、その先のことは姪が高等部で留年したこともあり、知らなかったのである。

知人が語るには、ギムナジウムをストレートで2,6の成績(因みにその年の平均は2,4か2,5)で卒業したものの、希望する小学校教員養成課程に入れず、一年間の社会奉仕の後、再度応募したが、入学許可が下りずに断念。そこで母親と同じ方面に進むべく、(恐らくは専門大学の)幼児教育科に願書を出そうとしたところ、一般大学入学資格ではなく、幼児教育の専科アビが必要だということで、これも諦め、最後に総合大学の特別(養護)教育を専攻したものの、必修科目の試験が取れずに退学し、この秋から私立大学で社会奉仕(労働)を専攻するのだということだった。

さてここまで、アビトゥアに合格した平均的な生徒達の卒業後を見てきたが、明確なのは、当然の事ながら、進学にせよ職業訓練にせよ、早目に目標と計画を立てない事には事を成せないという事実である。

出遅れると、大学入学資格試験合格後、即失業者にもなり兼ねない。

homu3.png
                    Cheerpiggies


今回も最後までブログをお読みくださり有難うございます。次男がやっと進学先を決めました。6月に大学見学ドイツ縦断(キール - ハノーファー - ゲッティンゲン - ウルム - ミュンヘン)ツアーに時間とお金を費やしたにもかかわらず、自宅から電車乗り継ぎで45分のところにあるデュッセルドルフ大学の生物化学科です。まあ、かなり前から眼中にあった大学であり、高二の半ばにオープンデーにも足を運び、担当教授とも話をした大学です。研究費予算や施設、設備はNRW州州都の大学の割には、今一つという感が拭えないのですが、大学に通うのは次男なわけで、本人がそれなりに悩んで決定したことなので、親としては何もいえません。この分野は75%が博士課程に進むため、まずは院に進学できるような成績を収めてくれることを願うのみです。

よろしければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。