FC2ブログ

IB(国際大学入学資格)かアビトゥア(ドイツ大学入学資格)か

ドイツ国籍も持つ子供がいる友人の一人が日独以外の国に住んでいるのだが、将来の事を見据えると、子供に何の試験を受けさせるのがいいだろうかという話になった。

彼女のご主人はドイツ国籍者であるが、家庭での主な使用言語は日本語であり、ご主人と子供は主にドイツ語で話している。

子供は現在ギムナジウム高等部過程に在籍しているのだが、もし途中で進級が出来なくなった場合にどうするか?

実際、NRW州の統計によれば、中等部から高等部に進学する際、高等部一年から二年に進学する際の退学、転学、留年する生徒の数は少なくない。

進級が困難な場合、ドイツ国内であれば、ベルーフス・コレーグという職業学校に転校し、そこで専門アビトゥアを取るか、(総合学校やギムナジウムのアビトゥアと内容が異なる為、評価が低いものの)普通のアビトゥアを取るかが、一般的であるが、国外となると、そういった受け皿も全く無かったり、少ないため、ドイツに帰国できないとなると、インターナショナルスクールに転校することにある。

さてインターナショナルスクールに転校すると、IBを取るコースと単に卒業するコースのどちらかを選択することとなる。

ではIBコースを取って卒業した場合、確実にドイツの大学に入れるかといえば、そうでもないらしい。

IBコースは教科選択前に、将来、希望する大学が決まっているのであれば、その大学のIB取得者の入学条件に合わせた教科を取ることで、進学が可能となるが、進路を途中で変更すると、進学できなくなるおそれもある。

IB関連の記事を検索していた時、ドイツ国外に住み、二人の子供をインターに入れていた母親のブログを読んだ。

それには、ドイツの大学で歴史の専攻を希望していた長男が、2017年にインターでIBを取得したが、希望した大学全てが、IBで数学のHL(高レベル)と自然科学系学科のHLを選択していなかった事を理由に願書を受け付けてくれなかったのだと書かれていた。

続く長女も既に高二で、IBの教科を変更するわけにもいかず、当の長男はIBで取った教科で受け入れてくれる隣国デンマークで、大学生活をスタートし、途中でドイツの大学に転校するようにしたそうである。

その母親はIBを受けようとする親に対して、将来ドイツの大学に入学を希望するのであれば、数学と自然科学系学科のHLを取るようにと呼びかけていた。

日本でも文科省が将来的にIBを取得できる高校を増やそうとしているようだが、IBで大学入学が可能な国があるのであろうか。
アメリカであればSATが重要であり、イギリスでもドイツでもIBの評価は高くはない。

その証拠に、ドイツのインターに通う生徒で、ドイツの大学に進学希望する生徒は、別途、アビトゥアを受けると聞く。

また先の友人の知り合いで、スイス人のご主人を持つ人は、長女がインターでIBを取ったものの、スイスでも入学できる大学がなく、次女を急遽、ドイツ学校の高二に転校させてしまったという。

これらの例に見られるように、IBは高校に入学するやいなや、志望大学学科が決められる生徒であればいざ知らず、ごく普通の生徒にとっては、非常に使い勝手が悪い資格だと言っても過言ではないだろう。

日本はなぜIBに固執するのだろうか。インターナショナルという言葉に魅力を感じているのだろうか。




今回も最後までブログをお読みくださり有難うございます。IBの試験問題を調べています。私は数学に重点をおいて、子供達の勉強を見てきたため、特に数学の問題の比較をしてみたいと思っています。2016年の高レベルの試験をざっと見た感想としては、2時間の試験が2日、加えて1時間の試験が1日で、計5時間のようですが、問題数が多いけれど、下手をすれば日本の私立の中学校の問題に出そうなものも。詳しくはまた時間がある時に書く予定ですので、お楽しみに。

よろしければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。
ミュンヘン工科大2年生の長男とデュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学生物化学専攻1年生の次男を持つ日本人母(日本の教免取得者)です。

保護者代表でギムナジウムの数学教科会議に参加したり、学年保護者集会ではニーダーライン企業主連盟協賛の化学アカデミーの紹介をするなど、小学校からギムナジウムまで子供達の教育に積極的に取り組んできました。

その経験を活かして、デュッセルドルフや近郊にお住まいの方を対象に、サポートサービスを提供いたします。お子さんの勉強、学校の関係でお悩みの方、まずはメールにてご相談ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
訪問者様カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR