FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年生に必修校外テストを!

ドルトムント大学が実施した831人の4年生と1092人の9年生を対象とした調査研究がデュッセルドルフでシュタインマイヤー・リカルダによって発表された。

この調査に拠れば、4年生に学校から渡される上級学校形態の推薦の4分の1は正しくなく、公平な推薦を出すためには、4年生を対象に読解と算数の必修校外テストを実施するべきだそうである。

同等な能力と成績でも、教育に縁のない家庭の子供はアビトゥア(大学入学資格試験)に合格している保護者がいる家庭の子供に比べ、ギムナジウムへの推薦をもらうことが少ない。

研究では読解と算数のテストを実施すれば、約20%以上の児童が従来の教師の評価をベースにしたものとは、異なる推薦をもらうことになるという。

更に詳細を述べると、この試験により、教育に疎遠な家庭の児童の12%がギムナジウムの推薦を貰い、それとは反対に、高学歴な保護者がいる家庭の児童の12%がギムナジウムの推薦を貰えなくなるらしい。

NRW州の保護者連盟は小学校には格差もあり、テストを受けることにより、児童や保護者だけでなく、小学校と上級学校の教師にも保障をもたらすことになると、4年生のテストには賛同している。

研究結果では、基幹学校の推薦を受けた児童の14%が平均以上の潜在能力を持っており、実科学校の推薦を受けた児童では23%がそうであったらしい。

社会階層での不平等は9年生にも当てはまり、生徒が同等な学力、成績、潜在能力を持っていても、先々ギムナジウムに転校する生徒が少ないということも、今回の調査で初めて明らかになった。

現行では生徒の成績が教師の推薦に強く影響するが、成績は必ずしも生徒の真の学力を示しているものをは言えない。

また3年生で学力水準テストがあるものの、この結果は上級学校への推薦には影響力を持たない。

推薦のためのテストを実施し、保護者の選択権を廃止する ‐ 研究者はそこまでは主張してはいない。

なぜなら一回のテストだけであると、疲労、やる気のなさ、病気等様々な理由で通常より悪い成績を取ることも有り得るからだ。

また診断だけに頼ることからくる、誤った判断を避けるためにも、現在行われているに、推薦に関わらず、保護者が希望する学校形態に申し込むことが出来るシステムを存続させるべきであると研究者は語っている。

実際、子供を推薦より上の形態の学校に入れたケースでは、子供がその学校についていけているという結果が、異なる調査結果として上がっているらしい。




今回も最後までお読み頂き有難うございました。次男の前期最期の試験が来週の月曜日です。課題はシェークスピアのソネット。そこで次男が授業中に少し見たというレオナルド・デカプリオ主演のロミオとジュリエットを見ました。なんて若くて、かわいいんでしょう!平安時代の貴人が恋人に和歌を贈ったように、エリザベス時代の貴人は恋人にソネットを贈るのが流行っていたそうな。
 
よろしければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。