FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州圏外からの学生に対する学費請求

NRW州では5月に州選挙があり、今までの社会民主党と緑の党の連立政権から、キリスト教民主同盟と自民党の連立政権に変わった。

これにより、教育関係にも大きな影響がでる。

その一つが大学の学費である。

現在、ドイツでは国立大学の学費は基本的に無料であるが、一時短期ではあったが、全学生に学費が請求されたこともあった。

しかし近年、自国の学生数の増加や世界のグローバル化に伴う圏外の学生の増加で、学生がホールの階段に座っても場所が不足する事態に陥った。

政府の研究機関に拠れば、過去10年間に圏外からの学生の数は37%も増加し、約35万8千人にも上っているという。因みに2016年の調査では34万であったので、1年間で1万8千人も増えている事になる。

そもそも政策として、2020年までに圏外からの学生を35万人までに引き上げようとしていたらしいが、現状では予定より3年も早く目標数以上になってしまったわけである。

35万人もの圏外外国人学生を抱えるドイツは、いまやアメリカ、英国、オーストラリア、フランスについで、留学生大国となってしまった。

欧州圏外からの学生の出身国で一番多いのが、中国(13%)、インド(6%)、ロシア(5%)だという。

全ての留学生数をみると、なんと280万人、ドイツの学生の約八分の一(12%)を占めている。

この留学生の増加はいったいどこから来るのであろうか。

統計を見る限り、財力のついた中国が技術先進国であるドイツに学生を送り込むようになったことが大きな原因とも思えるが、それだけではなく、学費の高騰に伴う学費難民がドイツに雪崩れ込んできているのではないだろうか。(因みに日本では2020年には国立大学の学費が年間80万円ほどになると言われている。)

そういう動向を察してか、ドイツでは最近、欧州圏外からの学生に対して学費請求をする動きが出ている。

例えば、バーデン・ヴュルッテンブルグがその先駆けで、この冬半期から、半期ごとに1500ユーロの学費を発展途上国を除いた欧州圏外の学生から徴収することになっている。

NRW州でも、それに続き、圏外の学生に請求することが近々議題としてあがることが予定されている。

もしNRW州でも可決されれば、これがドイツ全州に広がる事はまず間違いないだろう。



Ben.png

昨年に引き続き、今年も人形を製作しました。流石に2回目なので、初回よりは手際が良くなりましたが、仕上がりは昨年同様、なんかいまいち、血色に欠ける赤ちゃんになってしまったような。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2020年に国立大の学費が80万?入学金を含む初年度納付金でなくて?
いったいどこのニュースですか?

と、国立大に勤める家族が言っておりますが・・・(';')

Re: No title

申し訳ありませんが、学術研究論文とかではないため、元記事の出所を記録しておりません。

2030年に国立の学費が90万以上になるかもと騒がれた時期がありましたが、そこから派生した記事だったのかもしれません。また20年というのも、記憶に定かではないのですが、読んだ時に、日本にいる姪が大学に行く頃かと計算したところ、その一年後だったと記憶しているに過ぎません。

しかしながら近年フェイクニュースも横行しているようなので、確かに記事の出所を吟味する必要があるかもしれません。この記事で気分を害されたのであれば謝罪いたします。

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。