FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

68 % !

今週水曜日に、今学年度のアビトゥアの最後の筆記試験が実施された。

長男は化学の能力コース、姪は基礎コースの試験に臨んだ。

長男は先週の数学の能力コースは自信を持って、地理の基礎コースはいつもの調子で出て行ったが、化学は少々緊張していた。

義父の葬儀の関係などで、ここのところ頻繁に会う義理の妹の話を又聞きしたところによれば、姪は何で化学を取ったかなとぼやいていたそうだ。

9時に開始のはずの能力コースの試験は、教師の不手際で15分ほど遅れで開始し、13時30分頃に終了した。

数学の試験の時も、地理の試験の時も、通常の時間よりも帰宅が遅かったため、化学の試験もそうであると踏んでいたが、案の定、帰りは30分ほど遅かった。

遅くなる旨を告げる電話の声が明るかったのでほっとしたが、帰ってきた長男はまるで酒気を帯びたかのように、ハイになっていた。

その長男が持ち帰ったものは、受験生でお揃いに作ったフード付きのスエットであった。

90er.png

後側には受験生全員の名前が記載されていた。

Congratulation.png

けれども長男の話では、そのうちの二人は受験資格が取れなかったのだという。

名前を一つ一つ眺めているうちに、果たして何人の生徒が受験できたのかが気になってきた。

そこで長男が入学した年のクラス写真と名前が掲載されている学校新聞を捜して、スエットの名前と比較してみた。

因みにこのギムナジウムには2009年に155人の生徒が入学した。

7年生で編入してきたであろう2人を含めた157人のうち、受験資格取得者は106名。

僅か68%である。筆記試験と口答試験の結果は6月14日に発表されるが、去年はこの時点で数人が脱落したことを考えると、せいぜい66%、3分の2が晴れて卒業できそうである。

ところで受験者の中には106人以外にも、留年組(留学者含む)7人、高等部への編入組5人がいる。

一方157人から106人を引いた51人はどうしてしまったのだろうか。

長男と次男の話を合わせると、そのうちの9人は留年(内1人は2回留年した為10年生)、1人は一年間の英国留学による留年、残る41人は成績不振で転校や退校している。

なかなか勉強のやる気スイッチが入らない長男にやきもきしている私に、高等部になると違うわよとか、さすがにアビを受ける前になったら、がんばるわよとか気休めを言う人達がおり、私自身もそう思っていたが、長男は、結局試験前日まで目下の趣味の腕時計いじりに、腕時計のオークションを見ていた。

しかしそれでも卒業できるというのは、凄いことなのかもしれないと思った次第である。




今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。