FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学選択の決定要因は親の懐具合

大学から1,5キロ離れた約30平米のアパートの月々の家賃が634ユーロ。

これはケルンのドイツ経済研究所が最近発表した15都市における典型的学生アパートの居住費インデックスに掲載された、2016年後半のミュンヘンでの家賃である。

15都市中、最安値だったのは、ライプチヒの322ユーロであった。

多くの都市で2、3部屋のアパートの供給が少なく、この大きさのアパートは需要の3分の1ほどしか新たに建設されていない。

特にベルリン、ミュンヘン、キール、オスナーブリュック、ハイデルベルグなどでは、非常に僅かに建設されたに過ぎない。

2010年前半の家賃と比較すると、平均で13%増加しており、増加率の最高を記録したのは、ベルリンの25%である。他に平均値を越えた都市は、ミュンヘン21%、シュトウットガルト17%、オスナーブリュック同17%、キール14%で、最低は6%のハイデルベルグであった。

学生用アパートの家賃の高騰には、様々な原因がある。

まず近年の学生数の増加である。本来のギムナジウムからの進学以外の道も開けてきたことや、そのギムナジウムがもはや国民学校になりつつあることが、その背景にあるといえる。

これに対して、州が対策を怠ったため、民間業者が学生用アパート経営に乗り出し、価格が高騰したようである。

民間アパートだと、屋根裏部屋のロフトから、快適な設備装備までありとあらゆるものが可能ではあるが、家賃も月々850ユーロに光熱費といった感じだ。

家賃が500ユーロ以上掛かるのに対し、仕送りなども含めた月々の収入が1000ユーロ以上という学生は全体の5分の1だという。

一学生がミュンヘンの大学かライプチヒの大学のどちらで学業を営むかの決定要因は親の懐具合にあるということだ。

アビトゥアを10日間ほどに控えた子供を抱える私にとって、この問題は他人事ではない。

日本では学費が高騰し、就職前に既に多大な負債を抱える学生が急増しているということだが、ドイツでは学費は現在只であるものの、住居費が嵩んで希望する大学に行けないというのも大問題である。

学生用アパートの建設などは州単位によるものだが、早急に解決してもらいたいものだ。


Castella1.jpg
木枠を使っての本格的なカステラ作りに挑戦しましたが、泡を立てすぎたのか、
随分とキメの荒いカステラになってしまいました。水飴の代わりに米飴、焦がし
バター風味マーガリンを入れると市販の味が出せるそうですが、ドイツでは入
手困難です。とにかく次回は泡たてを控えめにしたいと思います。




1月の終わり頃に次男と一緒にデュッセルドルフ大学を見学に行った際、最寄の路面電車の停留所近くの場所が大規模な工事現場となっていて、確か学生アパート建設中という看板がでていました。大学というか自治体によっては真剣に問題解決に取り組んでいるということでしょうか。長男が希望する大学もそうだといいのですが。今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。
ミュンヘン工科大2年生の長男とデュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学生物化学専攻1年生の次男を持つ日本人母(日本の教免取得者)です。

保護者代表でギムナジウムの数学教科会議に参加したり、学年保護者集会ではニーダーライン企業主連盟協賛の化学アカデミーの紹介をするなど、小学校からギムナジウムまで子供達の教育に積極的に取り組んできました。

その経験を活かして、デュッセルドルフや近郊にお住まいの方を対象に、サポートサービスを提供いたします。お子さんの勉強、学校の関係でお悩みの方、まずはメールにてご相談ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
訪問者様カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。