FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門大学VS総合大学

先回の卒業後の就職に関する記事と多少なりとも重複するとは思われるが、アビ受験生がいる我が家では入学先がトップテーマであるため、お付き合い願いたい。

ドイツは16年ほど前に、欧州教育会議で学士と修士を明確に区切るボローニャ改革を受け入れ、従来修士卒が前提であった総合大学も、専門大学や欧州諸国の大学からの学生の受け入れをするようになった。

また大卒者増加を狙う政府の意図もあり、確実に大学進学者数も増え、近年では専門大学も修士課程、更には近隣の総合大学との提携で博士号取得さえ可能となってきた。

今日では約3分の1以上の学生が専門大学に在籍している。具体的な数字を挙げれば、2014/15年度、総合大学の数107校、教育大学6校、宗教大学16校、芸術大学52校、専門大学215校に対し、総合大学に在籍する学生数は170万人(63%)で、専門大学90万人(33%)である。

伝統的に専門大学はKnow-how、総合大学ではKnow-whyを基礎理念とし、専門大学が少人数で、規定の時間割で学習、実習に時間を割くのに対し、総合大学は時に数百人を超す人数で、時間割が比較的に自由に組める。総合大学での講義には実際の問題を解く時間が設けられていないこともあったり、試験とは凡そ関係のない内容であったりすることすらあるらしい。

けれどもボローニャ改革以来、人文学科などでも実習が時間割に多分に取り入られるようなったうえに、将来の職業にも使えるような講義内容を行うようになっているという。

私が読んだ記事の一つにその一例として、古典的な洋蘭学科と揶揄される東南アジア関係の学科でも、ボッホム総合大学の「東南アジアの政治経済」という新設科では8週間に及ぶ現地実習が課せられているとあった。

ここに言うまでもないが、当然理系でも実習が増加している。

ところでボローニャ改革以降、どの大学でも学士課程は通常180-240単位、修士課程は90-120単位が必要とされる。

必要単位を持って、専門大学から総合大学へと転校は可能だが、席数に限りがあるうえ、選択権は大学が握っている。大学内で内部進学する場合にも最低3の成績が必要とされるが、外部からの場合、一般にそれ以上の成績が必要とされるだけでなく、入学試験を課せられたり、その他の条件を満たさなければならなず、容易だとは言い難い。

では総合大学から専門大学への転校は簡単かといえば、一概にそうとも言えない。なぜなら学士課程で取得済みであるはずの実習の単位がなく、転校後、修士課程の科目と共に実習を行わなければならなくなることもあり得るからである。

最後に総合大学の学生は専門大学の学生より賢いかについてだが、双方の大学を見学にいって言える事は、総合大学の学生の方がよりアカデミックな雰囲気があるということだ。

総合大学の入学には一般の大学入学資格が要るのに対し、専門大学の入学には専門学科の大学入学資格と職業経験/資格でことが足りるというところから来ているものと思われる。

普通総合大学は上層階級の子弟が多く行き、専門大学は労働階級の子弟に好まれる。学校選択の嗜好は学科選択にもいえ、低所得の家庭の子弟は教育関係やエンジニア、上層は物理、天文学、音楽などを選択する傾向にあるという。

何を勉強するにしても、どこで勉強するにしても、好きでなければ長続きもしないし、地道な努力は不可欠である。大学に入ることは目的ではなく、スタートだ。長男にも後に続く次男にも自分に合う大学学科を見つけて、学ぶことの苦楽を味わって欲しいと心から願う。



本日も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。