FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待った、ギムナジウム進学!

ギムナジウムから他の形態の学校に転校するのは、人気の総合学校は勿論のこと、実科学校も空きがなければ転校できず、空き待ちとなり、二回目の進級に失敗し、退学を余儀なくされた場合、受け皿となる主幹学校に転校せざるを得なくなる。また実際にそうなったケースを教育雑誌でも読んだことがある。

ここまでは周知の事実といったところだが、最近、更なる事実を知った。

ギムナジウムの中等部の最終学年である9年生で二回目の進級に失敗した場合のケースである。

因みにドイツではラインランド・プファルツ州やニーダーザクセン州以外を除き、ほとんどのギムナジウムの中等部は9年までで、10年からは高等部となるが、他の学校形態の中等部は10年までである。

NRW州の場合、主幹学校や総合学校の主幹学校コースは通常10年生までであるが、留年などをした生徒は9年生修了証が取れるか取れないかで、10年間の就学義務が終わることになってしまう。9年生修了と同時に職業コレーグなどの職業準備コースを1年取り、主幹学校10年生修了を同時に取ることも可能である。

職業実習先を見つけるにも、それと並行して職業学校に行くにも、主幹学校10年修了証が必要となるため、主幹学校Aコース10年修了証は生活保護者にならないためにも最低限必要ということになる(実際には主幹学校卒業者を実習生として取る企業は皆無に等しいのだが)。

実科学校や総合学校の実科学校コースも10年生までで、学力に問題がある場合は他の学校形態やコースに変わるが、普通にいけば、10年生末の5月にあるセンター試験のドイツ語、数学、英語の筆記と、その後の口答を受け、その結果を加味して中等学校卒業証が授与される。

さて問題のギムナジウムの9年生だが、一回目の前期の結果で転校先を確保する手段に出た場合はまた別なのだろうが、10年生に進級が出来なかった場合、二回目である9年生の途中では他の学校形態に移れないというのである。

小耳に挟んだ話に拠れば10年生進級が確定してから、学習内容としては中等部の最後までを網羅しているにも係わらず、翌学年度から実科学校や総合学校の10年生に入ることになるらしい。

確かにギムナジウムは10年生進級確定で、主幹学校9年生修了同等資格が自動的に取得できるが(進級不可の場合、主幹学校9年生修了条件を満たしていれば取得できる)、中等学校卒業同等資格が自動取得できるのは、10年生末の6月頃にあるセンター試験でドイツ語、数学の筆記の結果を踏まえた学年末の成績で11年生進級が確定した時点である(進級不可の場合でも、成績如何で、中等学校卒業同等資格や、主幹学校10年生修了資格が取得できる)。

これらの話と逆方向になるが、NRW州では主幹学校や総合学校の主幹学校コースで9年生で成績が良い場合、10年生Bコースに進め、そこで中等学校修了証を得ることも出来る他、成績次第ではギムナジウムの高等部に進学することさえ出来る。

他の州でも実科学校や総合学校の実科学校コースの成績如何で、ギムナジウムの高等部に進める。その成績も確か主要教科と総合で3以上と、特に困難ではなかったと記憶している。

私が言いたいのは、子供の学力が十分とはいえない場合、小学校から無理やりギムナジウムに進学させるよりも、他の学校形態に進み、取れるところで確実に資格をとりながら、上に上がっていくという方法も悪くはないのではないかということだ。

もっとも私が指摘するまでもなく、日本人家庭はこれらの状況を考慮してか、総合学校に行かせる場合が少なくないのだが(日中韓、ドイツにおける上級学校の選択参照のこと)。

そろそろ学校では前期が終了し、小学生を持つ家庭では4年生の進路を決定する時期に入るが、親御さんには今後のことを熟考してから子供の進学先を決定してもらいたいと思う。



本日も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
やはり気難しくなるお年頃になるせいか、
ドイツでの5年生以降の学校・テスト等の様子は、
ネットであちこち廻っても日本語の情報が少なく、
いつも参考にさせていただいてます。

我が家には、現在6年生の独日ハーフの娘がおります。
うちの場合(BW州のレアルとギム併設の女子私立)は、
オリエンテーリングコースといって
5-6年はギムのカリキュラムをお試しでやってみて、
6年後期に7年生以降レアルorギムのどちらかに進むか
決める制度があったので、そちらで様子見をしております。
6年後期まで進路決定の猶予はあるのですが、大方は
前期成績が出た後、決めるようです。
(子供をギムに通わせることを諦めない親御さんが
公立の方で空席があるうちに、早めに手を打てるよう配慮して???)

当記事と関連性が高いかは分かりませんが・・・
娘の小学校時の同級の男の子は、娘が2年のときに飛び級で
上がって来て、昨年秋ギムに入学したのですが・・・
なんと現在、再度5年生。しかもレアルに転校したそうです( ゚д゚)ポカーン

先方の親御さんとは小学校の頃から、殆ど話したことが
なかったので、この1年で何が起きたのか知る由もないのですが
4年間、それも日本で言えば小学生のときに
いわば↑→↓みたいな環境の変化っていいのかなーと、
考えずにはおれません・・・体の成長の面も考えると
6・3・3(4)年制が妥当でないかとも思うのですが(´-ω-`)

これからも更新、楽しみにしております。
クリスマス準備と子供のテスト期間が重なり
母親的には心落ち着かない期間ですが
ダイネムター様もお体ご自愛くださいね。

コメント有難うございます

夏耕冬読様、


コメント有難うございます。コメントあってのブログです。元気がでます。

特に我が家は子供達が大きく、しかも男の子なので、親が何をしても空回り状態で、私が毎日不完全燃焼状態なので。


ところでリアルとギムナの併設されている女子校というのはいいですね。

まず男女別の方が学力が上がるみたいですし、ギムナで問題があった場合は、先生が早めにリアルへの変更を薦めてくれるでしょうし、リアルへもすんなりと入れるでしょうし。いいことずくめ??


ところで飛び級でギムナに入り、リアルで再度5年生をしているという男子生徒の話はとても興味深いです。
NRW州では5年生の留年というのは有り得ず、6年生末でリアルの7年生というのが通常です。

NRW州は学校によって、中等部と高等部の校舎が分かれている所もあります。因みに飛び級で入った子供は体力や技能の面で、16歳くらいで年上の子に追いつくそうです。


なんかまとまりのない文になりましたが、これからもよろしくお願い致します。BW州情報も待ってます。

ダイネムター
プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。