FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バイリンガルになれても』という悲痛なタイトル

最近、ドイツで生まれ、ドイツの大学まで卒業したという日本人女性のブログの記事を幾つか読んだ。

読んだ中で特に心に残ったのが『バイリンガルになれても、何者にもなれなかった』というタイトルの記事で、「言語はオプショナルツールでしかありません。(・・・)要するに本質的ではないのです。」というくだりだった。

彼女は現在、通訳・翻訳家という自由職に就いているが、求職の際、大手企業には相手にもされなかったと書き綴っている。

日本人、或いは日系人なのだから、日本語はある程度、出来るようにさせたい、子供と深く意思疎通できるようにするため、子供には是非とも日本語を習得してほしい等々、様々な思惑はあるのだろうが、日本語はドイツで生活するにあたり、それほど重要なのであろうか。

確かに言葉と文化は切っても切り離せないものではあるが、日本人でさえ、ドイツの教育だけ受けて育ってしまうと、どうしてもドイツ的な思考・行動になり、所謂帰国子女になってしまう。言葉が分かるからと言って、果たして日本人的思考を子供達に理解してもらえるものだろうか。

ところでドイツでは数年前からエリート大学を作ろうと、各大学の研究計画や実績をもとに、幾らかの大学に特別な援助金を支給しているのだが、未だに世界に名だたる大学が生まれていない。

従ってドイツの大学を卒業し、日本で就職しようとする場合、例え日本語とドイツ語のバイリンガルであっても、大学名だけで就職することは困難だと思える。

またドイツで就職しようとする場合、日本のように有名大学を出れば、大抵どの企業にでも就職可能であるというような状況とは異なり、何を専攻したか、企業研修などを終えており、即戦力になるかが問われる。

(思考を逆転させれば、日本の有名大学の帰国子女枠に通用するだけの日本語力を身に付け、日本の大学を出て日本企業に就職という手もあり、実際にこのケースで就職した人物を知っている。)

要するに子供をドイツで大学に進学させるのであれば、十分考慮しなければならないのは、大学卒業後に就職できるかどうかである。

先の日本人女性だけでなく、私の知り合いのドイツ人の中にも、大学を出たものの、化粧品の販売員、秘書、タクシー運転手など、院卒を活かせない職業に就いている人がいる(それでも大卒者の失業率はその他と比較すれば低いという事実もあるが)。

(日本語で大学進学、就職をする場合を除き)日本語がどうのこうのというのはさておき、子供の才能を見極め、子供の意向を踏まえた上で、将来の職業について話し合い、向かうべき道を共に考え、子供がその道をゆけるようにサポートすることが、親として一番大事なことなのではないのだろうか。

先の日本人女性は周囲からバイリンガルになれば就職先は引く手あまただと言われ、それに固執して育ったそうだが、社会人となり、それが幻想、あるいは時代遅れだったことに気づき、国際社会で子供を育てる親にも警鐘を鳴らしている。



本日も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。