FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトレット商品には要注意!

長男のアルマーニのTシャツにアイロン掛けするのには閉口する。

洗濯をする度に、袖口の三つ折の箇所にとんでもない皺が寄るのである。

so3.jpg

神経質な長男がオランダのルールモントにあるアウトレットでこのTシャツを購入した際は、恐らくそれなりに真っ直ぐしていたとは思えるのだが。

これにアイロンを掛ける度、たかが一枚のTシャツに不当な値段をかけておきながら、品質はこの程度かと溜息がでるのであった。



昨晩、たまたまつけたテレビで放映していた番組を見て、なぜそうなのかを発見した。

それはWDRのMarktという番組で、その名が示すように流通している商品などをチェックしているものである。

番組ではラルフ・ローレン、ボス、トミーヒルフィガーなどのポロシャツ、ワイシャツ、ブラウス、ブレザーなどを、アウトレットと普通の小売店で購入したものを、その道の専門家にデザイン、縫製、生地、耐久性などを検査させ、比較していた。

そもそもアウトレットは、製造過程においてでるB級商品や、売れ残り商品などを安くに販売するところに始まったわけだが、現在ではその枠を出て、独自の道を歩み始めているようである。

というのも、多くのブランドがアウトレット用に一般商品と比較して、品質が劣る商品を製造しているからである。

この真偽を調査すべく番組が組まれたのであるが、その結果は・・・



まず、ルールモントのアウトレットに出ているヒューゴ・ボスの新商品というのが、メッヂンゲンのアウトレット以外、一般の販売店やネットショップで取り扱っていなかったという事実が挙げられている。

これはたまたま調査した型がそうだったのか、全てがそうであるかは番組では明らかにされていず、ヒューゴ・ボスはアウトレット専用の製造があることは認めたものの、質問に関してはノーコメントだったそうである。

マルコポーロとトム・テイラーもアウトレット専用の商品の存在を認めたが、他のブランドからの返答はなかったという。

一般の小売店では商品リストにもないということは、アウトレットの値札にある通常販売価格は仮想のものであるということだ。

通常販売品でもアウトレット商品でも品質が同一であれば問題もないのだろうが、そうでもない。

専門家の報告を要約すれば、アウトレット商品は生地、縫製ともに通常販売品と比べ質が低いために耐久性にも欠けるうえ、デザインに関しても、内ポケットや細部の刺繍が欠落していたり、裁断も単純化されていたりするという。

大型の休みには、決まって長男・次男に付き合わされてルールモントのアウトレットに車を出すのであるが、いつも駐車場は一杯で、最近は中国人をはじめとするアジア人で賑わっている。

私などは昔からブランドに興味がない、というよりも着るものに頓弱しないため、関係ないのだが、ギムナジウムの、しかも思春期にある子供達には非常に重要らしい。

我が家では、親として子供達に必要最低限である衣食住を保障してやることは責任であるが、それ以上は趣味ということで、差額や余分な衣類は全てこずかいから出してもらうことにしている。

ところで考えてみれば、我が家の取り決めはドイツの生活保護以上に厳しいのかもしれない。

というのも、子供が小学校に入学する際、子供が周囲から差別されるという理由で第一ブランドのランドセルの購入費用を請求した生活保護者の要求が裁判で通ったことがあるからだ。

同じ理論で行けば、ドイツではいじめを避けるという名目でブランド物の衣服の購入も請求できるかもしれない。

話はまた逸れてしまったが、クリスマスシーズンを控え、アウトレットに行く予定の方々、くれぐれもブランド品という名の低品質商品にはご注意を!



本日も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。ミュンヘンで昨年から大学生している長男とNRW州州都デュッセルドルフで大学生になったばかりの次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。