試験期間になる度、落ち込む!

今週火曜日、ギムナジウムの最終学年に在籍する次男が、前期一回目のドイツ語の試験を受けた。

高等部では前期と後期にそれぞれ二回ずつ筆記試験があり、一年生は導入期であるため、多くの生徒は必修であるドイツ語、数学、第一外国語に加え、最低理科・社会科目を一教科ずつの他、将来、アビトゥアで受験する可能性がある教科を受験することになる。

試験時間は2時間半から3時間半という長丁場である。

高等部の試験は、どれも手強いが、中でも最強と思われるのが、ドイツ語である。

今回の試験の課題は、カフカのの寓話の分析・解釈と、アビトゥアの課題図書になっている同作者の小説『変身』との比較となっていた。

カフカの作品のテーマには、父息子の関係がよく取り上げられており、この小説も、主人公ゲオルグと父との関係が大きなテーマとなっている。

さて課題であるカフカの寓話だが、短編の中でも寓話と呼ばれる作品は非常に理解困難である。

例えば例題にある『舵手』であるが、(駄訳で申し訳ないが)あらすじは次のようになる。

頭上のランプだけの暗がりで舵手が舵を取っていると、暗闇から大きな男が現れる。舵手が「俺が舵手じゃないのか?」と叫ぶと、男は「お前が?」と問い返し、舵手を押しのけた。

そこで舵手が下の船室に通じる昇降口に走り、「乗組員、同僚よ、早く来てくれ!不審者が舵を乗っ取った!」と叫ぶと、そこから疲れた乗組員達が現れた。

「舵手は俺だろう?」と訊くと、彼らはそうだと頷くものの、視線は不審者に向けられ、それを取り囲むように立っている。

不審者が命令口調で、「邪魔するな!」と言った途端、一箇所にかたまり、私に相槌をうち、階段へと再び引き上げた。

なんという民衆だ!考えているのか、それとも意味も無く地を這いずるだけか?

この寓話の舵手とゲオルグに共通する性格とその展開と、人間の根本的な怖れをカフカが如何に巧みに書き表しているかを論述せよというのが設問である。

いつものことだが、ギムナジウムのドイツ語の内容に触れることがある度、私は非常に落ち込む。はっきり言えば、打ちのめされてしまう。

私達が高校で習ってきた国語は、一体何だったのだろう。

日本人高校生が今でも可笑しな受験勉強のための国語に時間を費やしている間、ドイツの高校生、いや他国の高校生はこういうレベルの問題をやっているのだ。

数学はともかく、ギムナジウムの理科・社会の問題も日本の高校の比ではない。歴史の問題など、私が日本人であれば誰でも聞いたことのある名前の私大の史学科に居たにも関わらず、大学での試験問題以上のレベルであると断言できる。

ドイツのギムナジウムは大学で学問することを可能にするための教育が行われているのだが、日本の高校教育の意義はどこにあるのだろうか?




今回も最後までお読み頂き有難うございました。ギムナジウム高等部のドイツ語では、年に数冊、副読本を扱います。その多くはアビトゥアの指定図書ですが、今年ギムナジウムを卒業した長男と現在高校3年の次男が最後の二年間に読まされた本は、カフカの『変身』の他、ゲーテの『ファウスト』、ビューヒナーの『ヴォイツェック』、フォンターネの『エフィ・ブリースト』です。どれもこれも歯応えのある本ばかりです。とはいえ、次男にとっては年末のドイツ語の試験が人生最後となるので、私が落ち込むのも、それが最後となることでしょう。

よろしければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ドイツの若者が親と同居する理由

最近新聞で読んだ記事に、NRW州統計局の調査に拠れば、18歳から25歳の若者の約60%は親元で生活しており、これはドイツの平均的なものであるというのがあった。

ヨーロッパでホテルママの最高峰といえば、言うまでも無くイタリアで、未婚男性の70%が親と同居しているそうである。

ホテルママという表現は生活全般の面倒を見てもらえるという所から来ているものであり、物質的な理由から成人した若者が未だに親元にいることをいう。

大学等の学校に通っていたり、職業訓練中の若者は、自身の生活費を稼ぎ出せない為であると新聞には書かれていたが、私が個人的に知っている例では、就職している者でも親と同居している者は少なくない。

けれどもこれは何もドイツだけの事ではなく、私が25年以上前に日本で旅行代理店に勤務していた頃、部署でリーダーをしていた40過ぎの女性は、数歳下の弟と共に親元から通勤していたし、日本ではこれが当然のようになっている傾向にある。

さて話をドイツに戻すと、世代間の揉め事がなくなり、伴侶が出来て家を出て行くまでの間、親子がお互いに同居するのが簡単だという考えに行き着くから、そうなるともある。

心理学者で経験者は、親元に居座る動機の一部には、空の巣症候群に陥いりそうな親への心配もあるという。

最近の親が子離れできない原因には、子供の数が減少しているため、一人一人の子供への関心が一層増加していることもあるらしい。

しかしこれによって若者が社会が求める自立性や柔軟性がほとんど養われないままに年だけを重ねてしまうことにもなりかねない。

先の2015年の統計を更に詳しく説明すると、59%、18歳から25歳までの160万人中93万7千人の若者が親と同居しており、この数値は2005年の61,2%と比較すると、僅かながら減少していることがわかる。

性別による差は明らかで、この年齢の男性の64,9%が親と同居しているのに対し、女性では52,7%である。

この差は年齢が上がるに連れて開いてくる傾向にあり、18歳では94%の男性、93,1%の女性が同居しているが、25歳では約3分の1の男性、約5分の1の女性が同居となっている。

この現象は何も男性が親との関係が密だというわけではなく、別居の動機の多くに同棲があり、女性は男性よりも若くに同棲を始めるからだそうだ。

地域差に注目すれば、地方のこの年齢の若者のうち、約3分の4が同居しているのに対し、都市部ではその率が顕著に下回っている。

例えばアーヘンやミュンスター(いずれもNRW州の大学都市)では、それぞれ28%、27%の若者が同居しているのみである。

その理由としては、学業、職業訓練や就職などで自活せざるを得ない都市部への転居を余儀なくされることにある。

さて収入の面から見てみると、手取りが700ユーロ以下の若者の40,5%が同居しているのに対し、それ以上で手取りが多くなるに連れて、同居率は低下している。

例を挙げれば、1500ユーロ以上の手取りがある若者の場合、たった22,8%が同居していると同統計結果は示している。

つまり若者にしてみれば別居したいのはやまやまだが、それを可能にするだけの稼ぎがないということであろう。




今回も最後までお読み頂き有難うございました。やっと長男がミュンヘンに引っ越しました。荷造りも何もかも親任せで、最後の最後まで苦労しました。さて、これでブログを更新できると、記事を書いている最中、長男から電話があって、また一苦労。本当に一人で生活できるのでしょうか?

今回のテーマである別居ですが、私の実家(横浜)は大学を出たら即家を出てくれと言われていたため、就活の面接で寮を希望する旨を伝えたら、人事担当の人から目を丸くされました。結局、旅行代理店時代は添乗にも便利な場所に建つ、東京のワンルームの社員寮に月5千円(諸経費別、90年当時)で一人暮らししていました。学生時代も最初の2年間、父の勤務の都合で一人暮らしを余儀なくされ、電話もなければ、交通費(飛行機代)が高くて家にも帰れない状況でした。お陰で海外に生活して、何年も家に帰れなくても大丈夫な人になったわけですが、流石に親が80を越すと心配で、教育費に喘ぎながらも一時帰国を定期的にしています。

よろしければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

高二で退学した方が得な場合も有?

先週の月曜日に次男の学年の父兄会があった。

今に至るまで2回、学年父兄会があったのだが、今回欠席したもう一人の女性教諭が中心になって行っていたため、哲学博士ヤンセン先生は要領を得ない感じであったが、話題に上ったのが、早退届けの新しいシステムであった。

高校3年生の授業が終了するイースター前までに、最終大学入学資格試験受験資格取得の有無が発表になるのだが、NRW州の場合、600点必要であり、この点数の算出元である各教科、各期(全4期)の成績は最低5点(最高15点)が必要で、それに満たないものが、規定以上にのぼると資格が取れないことになっている。

ヤンセン先生の話では、最低点である5点を取れるかどうかの瀬戸際の生徒に限って、早退を悪用し、午後の授業をサボる傾向にあることが、学校会議で明らかになったため、今学年度からは、秘書室に届けをだすだけでなく、保護者との連絡が取れた後で、生徒が帰宅できるように変更されたということである。

ところでNRW州では、高等部3年生への進級が確定すると、専門大学への入学資格の学識の部分が取れたとみなされ、3年生に進級せず、最低1年間の職歴(通常は2、3年の職業訓練)で、アビトゥア等がなくとも、専門大学に入学できるようになっている。

最初、私はドイツはどの州でも同じシステムかと思っていたが、ある時、チューリンゲン州の学校庁に電話をした際、チューリンゲン州で専門大学に行くには、ギムナジウムでアビトゥアを取って卒業するか、実科学校等の卒業後にベルーフスコレーグと呼ばれる職業学校へ進学し、そこで専科アビトゥアを取るかであるということを知った。

つまり11年生で成績が芳しくなく、アビトゥア資格が取れそうもない場合、ベルーフスコレーグに入り直して、また一から始めなければならないということであろう。

専門大学入学資格の話も父兄会で出て、12年生までいって最終的に受験資格が取れなかった場合、理論上1年間職につけば、専門大学にいけるわけだから、何も11年生修了時点で退校する必要性もないのではないかという質問が父兄から出た。

これに対する先生の回答は、11年生修了時の退学成績書には問題の4点も少なくて済むうえ、学校側からの配慮も不可能ではないが、12年生資格期修了時の退学成績書となれば、4点がかなりついているわけなので、脚色するにも限度があるというようなものであった。

従って、留年して翌年に資格取得に励むことを薦めるが、もっと好ましいのは11年末に見切りをつけることだというのが、ヤンセン先生の意見だった。

ギムナジウムの9年生修了時点で、ベルーフスコレーグに転校したり、11年生修了、12年生進級確定時点で1年間の職につけば、ギムナジウムの元クラスメートと同時期に専門大学に行けるかもしれないわけで、何が何でもギムナジウムに最後までしがみついている必要もない。

更にボローニャ改革の後、専門大学学士課程から総合大学修士課程に移ることも可能になったため、最終的にギムナジウムの元同級生と肩を並べて、総合大学修士、博士課程に進むことも可能なのである。

こういう風に大学への道が多肢であるところはドイツ教育システムの長所だと言えよう。




今回も最後までお読み頂き有難うございました。長男がミュンヘン工科大学に行くことになりましたが、住宅難のミュンヘンでやっと学生用アパートも見つかり、保険だのなんだの手続きに追われています。月々の家賃が830ユーロ!来年ギムナジウムを卒業予定の次男も控えているので、霞を食べて生活しなければならなくなりそうです。

よろしければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ギムナジウムでの究極の整理グッズ

整理整頓は人生の半分とは、ドイツで良く使われるフレーズで、我が家でも子供達が探し物をする度に、ドイツ人伴侶が口にする。

さてギムナジウムの中等部まで、学校で指定された通りに、教科別にノートとシュネルへフターと呼ばれる簡易ファイルを使っていたのだが、なぜか高等部になった途端、教科別ではなく、罫線と方眼の二種類の所謂リングノートを使用するようになった。

長男が高等部に入ったばかりの頃は、これらに10cm幅ほどの厚いバインダーを抱えて、学校に行っていた。

しかし、暫くすると、バインダーに配布されたプリントやノートを切り取ったページ等が増えて、バインダーが重くなっただけでなく、穴が開いていないプリント等が見事に鞄の中で、扇状に畳まれていることが多くなってきた。

そこでバインダーの穴にセットできる穴あけ器を買ったり、プリント等を一時保管するクリアーポケット等をバインダーに加えてみたのだが、状況はあまり改善されなかった。

私の子供達は二人とも、男の子であるうえ、高等部=思春期の人でもあるため、整理整頓とは全く無縁であることも一因となっている。

私自身、高校時代は教科別のノートはあったものの、山のようなプリントの整理には閉口したものであった。

当時の私の解決策は教科数とほぼ同数の引き出しのある家具を買い、それに投げ込んでいた。探す時に、少なくともその引き出しにあることは間違いないため、多少の時間削減にはなった。

今回、私が子供達のために見つけた究極の整理グッズとは?

1、 13程のしきりのある書類入れ。
1.png

2、 書類を綴じる金具
2.png

3、 13程にしきりをつけた書類フォルダー
3.png

4、 主要教科や受験教科別のバインダー
4.png

さて、これの使用法だが

授業の終わりごとに、書いたページを切り離し、配布されたプリントと共に、書類入れに入れる。

各週末までに書類入れに入れられた紙類を金具で綴じる。(初めに最初のページを裏返すようにして綴じていくと、先頭が最初のページなので使い易い!)

定期試験が終了した段階で、基本的には試験範囲までの綴じられた書類を書類フォルダーに移す。

学年終了時に、教科ごとに溜まったフォルダーの書類をバインダーに移す。(この時に金具でまとめられた書類のタイトルを見出しに書いておくと、もう一度見直す時に、探し易い。)勿論要らなくなった教科は、そのまま廃棄処分。

私自身、結構いい案だと自画自賛したのだが、結局長男はこのシステムに馴染まず、最後の最後まで部屋の床などに堆積したプリントの山から、必要なプリントを無駄な時間を掛け、怒りながら探していた。

次男はそれなりにシステムを活用しているが、夏休みに、どうせ二度とみないプリントをなぜバインダーに整理しなければならないんだと不平を漏らしていた。

この一手間が後々役に立つ事が分かる日も、もう遠くないのだが。



今回も最後までお読み頂き有難うございました。役に立ったと思われる方は是非、立たなかったと思われる方もよろしければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


夏休みアカデミー バイオテクノロジー/ナノテクノロジー

人は星屑から出来ている

次男はこの言葉に感銘を受けたらしく、自宅に帰り着くなり、熱く語り始めた。

実は次男は先週の月曜日から金曜日まで泊りがけで、サイエンス・コレーゲ・オーバーバッハという教育施設の主宰する夏休みアカデミーに出かけていたのである。

応募は15歳以上19歳以下の生徒であれば誰でも出来るもので、確か定員は20名前後であった。

高等部の資格期に化学のライストゥングコースが成立せず、転校しないのであれば、生物か地理のコースを選択せざるを得ず、将来のことを考慮して、生物を選択した次男であったが、生物は内容が複雑で大変なものの、非常に興味深いテーマが多く、将来は生物化学を専攻しようかと考え始めていた。

また資格期1年目である、今年の初めに、コースの授業の一環で、教科担任の母校であるボッホム大学でバイオテクノロジーに関わる実験教室に参加した。これもなかなか面白かったようで、その分野も視野に入り始めた。

ところで生物は理系学科科目の中でも、飯が食えない芸術と揶揄される科目であり、専門分野を間違えれば、教師や教授職以外では食べていけないのも事実なようである。

一方生物化学やバイオテクノロジーは、製薬、食品などの方面に就職先があるだけでなく、将来性に満ちた分野であるともいえる。

ともかく大学までのあと1年間、方向性を定めるためにも、このアカデミーに参加することは有意義であると考えた私は、16歳になったばかりで思春期真っ盛り、勉強は片手間という次男をなんとか言いくるめ、コースの友人と一緒に行かせることに成功したのであった。

アカデミーの内容は、近所にある大学研究施設、その職員の講演会や、その分野の会社の講演会などを中心に施設の実験室で実験を行ったりするというものである。

これにより、将来、この分野に進んだ場合、研究職と企業での職についての現状を直接、聞くことが出来るわけである。

加えて近い将来、大学で机を共にするかもしれない仲間にも会うことも可能である。

しかしながらこうしたアカデミーでの宿泊や食事は、大概質素なものであるが、ここのは格段に良かったらしい。

部屋もシャワー・トイレ付二人一部屋で、非常に広く、食事もドイツでは例外的な昼と晩が暖かいものだったという。

帰宅して次男が言い放った言葉は、

俺は生まれ変わった!

そこで天体物理学を専攻する人物の話に感化されたようである。

更に23歳という若さでガンについての博士論文を執筆中の学生の話にも感銘したらしい。

参加する前日までは、何で休み中にこんなのに行くかなと文句を言っていた次男だが、帰宅直後は感動覚めやらずといった感じであった。

けれども、思春期の人の事、週末明け、明日からまた学校という現在、すっかり元の木阿弥かといった風になってしまい、頭を抱えてしまった私であった。

Biotechnologie.png
セミナー中、ナイトハイクに出かけた時の一枚。私の好きな鉱石のラブラドライトに似ている。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。問題の次男、昨日いきなり、友達の誕生会に18時から行くと言い出し、帰宅時間を訊くと、誕生日は今日なので、午前様ということ。自転車で隣の市から走って帰るのはどうかということで、がんばって午前零時まで起きていて、車で迎えに行きました。夜弱いんで死んでます。それでも久しぶりにブログを書きましたので、是非是非下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると非常に嬉しいです!(←疲れでハイ?それとも灰?)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Gammbatten Sie)!の管理人、ダイネムター(Deine Mutter)です。この秋からミュンヘンで大学生を始めた長男とNRW州のギムナジウムの最終学年に在籍する次男を持つ日本人母です。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR