アビトゥアで高得点を取るには

ある読者の方から「アビで高得点を上げるのに必要な力」についての私の意見を聞きたいという要望があったので、最近のブログと近似のテーマであるが、これについて少々書いてみたいと思う。

その方も我が家と同じ年頃のお子さんを二人抱えておられるのだが、彼女は、高得点を取るには「(教師との)協調性と、生徒間の情報力」が必要である気がすると述べていた。

そもそもなぜアビトゥアで高得点が必要になるのだろうか。

言うまでもなく、多くの学部学科で足切りが存在するほか、都市単位での足切りがあったりするから、アビトゥアの得点は高ければ高いに越したことはないということに由来するわけである。

アビトゥアの最終試験受験資格期である11年生の次男は、8年生頃にテレビシリーズにはまり、フォレンシックを大学で勉強したいと言っていたのだが、調べてみると、そういうトレンディな学科は私大の学士過程くらいしかなく、国大では通常医学部修士課程かその先の最終的な専攻として法医学が存在する位であることが分かった。

そこで当時、どうしたらアビトゥアで高得点が取れるのかについて、ネット検索をしたり、フォーラムで質問したりしてみた。

一般的なお奨めは、将来の必修単位科目に関わらず、現在得意とする科目をフルに活用するというものであった。

一昔前であれば、体育、音楽、云々でアビトゥアを受けろということになるわけであるが、現在ではどの州でも、最低ドイツ語、数学、第一外国語から2教科は選択しなければならないようになっている。

私が未だに解せないのは、体育に音楽で医学部に行った学生は、如何にして大学の必修科目をクリアーしたのかということだ。

第一外国語、数学は能力コースでなくとも、基礎コースは高等部で必修となっているため、大きな問題は生じないであろうが、生物や化学を万が一履修していなかった場合、中等部の授業内容と大学の講義内容では雲泥の差があるからだ。

更に基礎コースと能力コースでも、かなり内容の深度や学習範囲が違う。これは長男が化学の能力コース、次男が化学の基礎コースを履修したために判明したものである。

ところでアビトゥアで0,8という驚異的な成績を収めても、希望する大学学部に行けない生徒がいるかと思えば、2,0近くでも行ける生徒もいるのも事実である。

なぜなら医学部、歯学部、獣医学部、薬学部など、ドイツ全体で希望者を一括して登録させ、振り分けるシステムの枠で希望大学学部学科に行く生徒には、確かにアビトゥアの得点が最重要となるが、これらの学部でも独自の募集枠があり、それには得点以外に必要なものが出てくる場合がある

有名なところでは、医学部希望者に対する適正テストで、この結果が上位10%とかであると、アビトゥアの成績が0,数パーセント上方修正されるというものである。

上記の学部以外にも、アビトゥアの成績での足切りを設けずに、独自の選抜方式や入学試験を実施しているところさえある。

中には志願動機書やエッセイを書かせたり、面接を行ったり、アメリカのように課外活動に注目する大学もある。

アビトゥアで高得点が必要なのは、大方希望する大学に入学するためなのであるから、逆に言えば、希望する大学を早くから絞り、その大学に入学するために有利なように教科選択をしたり、必要条件を整える方が重要なのではないだろうか。

日本でも私大を受験するには、早くから赤本を購入し、傾向と対策を練るわけで、日本のような入試のないドイツでも、それは必要なのではないだろうか。

さて本題である高得点を取る方法だが、私も読者の方とほぼ同意見で、教科担当との相性、生徒間の情報交換によるものが大きいと思う。

これにより、アビトゥアの成績の3分の2は押さえられるが、残りの3分の1は、最終試験にかかっているわけなので、地道に反復学習するしかない。

最終試験の成績発表の時、各生徒がそれまで口頭(教師との相性)で好成績を収めてきたのか、筆記(定期試験)で好成績を収めてきたのかが、明らかになる。

アビトゥアなどの統一試験は採点基準が詳細にわたり設定されているため、各教師の判断によるところが少ないうえ、最低2人の教師によって採点される。

よって、定期試験のように、担当教師の独断で得点を出すわけにはいかない。

さらに2人の教師の採点が大きく食い違う場合は、3人目の教師が更に採点するシステムになっている。

現に先週のアビトゥアの最終試験の結果発表で、口頭で稼いでいた生徒の中には痛い目をみた者も少なくなかったようだ。

やはり学問に王道はなしということであろうか。




あと2週間で卒業式です。女生徒の中には卒業式の後のアビバルと呼ばれる卒業パーティーに着るためのドレスを、小学生のラ
ンドセルのように半年以上も前に購入している人もいるようですが、我が家の長男は今週になって漸くスーツを見に行きました。
即決できずに、翌日取り置きしてもらったお店に行く直前に、いきなりペアを組む女生徒のドレスがエメラルドグリーンであることが発覚。かくして振り出しに戻ったのでした。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

無事、合格しました!

今週の水曜日の午後3時。

ギムナジウムの講堂で、アルファベット順に生徒が呼ばれて、一枚の紙が手渡された。

abi7.png

この紙は大学入学資格試験の最終試験の結果と総合結果の通知書である。

左上、縦列の1から4までに最終試験の受験教科名、その横がこの試験を受験する資格を得るための高2と高3(資格期)前・後期形回の該当教科の成績の平均、そのまた横が最終試験の成績、その右に続くのが最終試験の得点である。

以前のブログで説明したように、アビトゥアに合格するためには、資格期に最低300点を取らなければならない他、最終試験である4教科の成績(最高15点)を5倍した点が100点以上であることと、試験教科の内の最初の2教科である能力コースのどちらかの成績を5倍した点が25点以上でなければならない。

この条件を満たしているかどうかが左上の表の下のチェック欄として設けられている。

その下が資格期の成績を含めた総合結果の成績の平均値と、その上下の成績まで何点差があるかが示されている。

そしてその直後に待ちにまった一言。

大学入学資格試験合格!

続いて自主的な追加口頭試験についての注意書きが書かれている。

追加口頭試験は該当教科の成績の平均と最終試験の成績の差が4点以上ある場合や、合計100点や能力コース25点の条件を満たさなかった場合は試験を受けなければならなくなるが、試験に合格していてもあと数点で総合成績が0,1上がるような場合、自主参加できるようになっている。

追加口頭試験を受けた場合、筆記試験とこの試験の結果が2対1で評価されたものが修正後の成績となる。

無論、この試験の結果が悪かった場合は、修正後の成績が下がる可能性もある。

また昨年度の生徒の例のように、修正しても条件を満たす可能性がなく、この時点で落第してしまうこともある。

長男の話では、紙を手渡された途端、叫んだり、中には床に転がる者までいたらしい。

その内の一人は、最終筆記試験の総合点がなんと100点丁度だったという。

合格した生徒は来月の7月15日の締め切りまでに大学に願書を送ることになるが、合格可能圏内にいる不合格の生徒や自主的な追加口頭試験受験希望者は、来週の月曜日までにどの教科をどの順番で受験するかを決めて申請しなければならない。

そしてその一週間後の月曜日から水曜日にかけて再び口頭試験が実施される。

負けるな受験生!



今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





ドイツへの学費難民に歯止めがかかる?

5月に行われた州選挙で、ドイツ社会民主党(SPD)と同盟90/緑の党(B90/Gruen)の連立政権からドイツキリスト教民主同盟(CDU)と自由民主党(FDP)の連立政権に移行したNRW州だが、本日新聞等で明らかになった新たなる政策のなかに、大学学費があった。

NRW州には約3万人の外国人学生が存在するが、彼らに対し、学期ごとに1500ユーロ(1ユーロ120円換算で18万円)徴収しようというものである。

これはバーデン・ヴュルテンベルグ州を模倣したもので、将来的にはドイツ全州で外国人学生に学費支払いの義務が生じるものと見られている。

因みにここでいう外国人学生というのは、ドイツで出生したトルコ人やシリア等からの難民を除く、欧州共同体(EU)以外の国の出身者を指す。

近頃、日本では国立大学の学費も値上がりし、2020年以降は更に高騰することが判明しているうえ、学資返済に追われる大卒者の問題も出てきているが、この先、ドイツなどへ留学して学費を浮かせるという選択肢はなくなりそうだ。

個人的に不思議に思うのは、EU内の大学の全てがEU出身者に対して無料というわけではないことである。

最近、目にした雑誌では、オーストリアはドイツ人に対して学費が只、オランダは有料だというような記事があったように記憶している。

ところでNRW州の教育関係の改革には、選挙前に話題となっていたギムナジウムの9年制への復帰問題もある。

新たな連立政権は、基本的に2019/20年度から9年制を復活させる意向である。8年制を希望する学校には、8年制の存続を認める方向でいるという。

ヘッセン州では数年前、学校単位でギムナジウムの就学期間を決定できる事になったが、8割、9割がたの学校は9年制を選択したらしい。果たしてNRW州のギムナジウムはどうなるのであろうか。

上記の二つの政策には、これといって斬新なものがないのだが、もう一つのプランには私も驚いた。

というのも、NRW州の大学の医学部の定員の10%を、将来田舎で数年、開業することを条件に、アビトゥアが1,0でない生徒に提供しようというものだったからである。

これと似たようなものを、ザクセン州かどこかの医局が実施しているのを知っている。それは州内の大学ではなく、近隣であるハンガリーの大学での学費を支給する代わりに、卒業後、田舎で数年、開業医として働くというものである。

年間に退職する医者の数は400人、就職する数は200人。国内で医学部を卒業するものが国外へ流失してしまうのである。

ただでさえも、医者の数が減少するなか、田舎に医者を確保するのは困難であるが、老齢化する社会にとって、医者は不可欠であるゆえの苦肉の策であるといえる。

とにかく政権が交代するたびに、制度が変わってしまうのでは、子供をもつ保護者としては先行きが読めず、計画も立てられない。全く困ったものである。



90年代前半にケルン大学で大学入学のためのドイツ語講座を受け、ドイツ語試験合格後、就職先が見つかるまでの間、経営学部に在籍していたことがありますが、当時は講座も無料、学費もNRW州全域のチケット代くらいなものでした。昔は良かったと口にするのは、年をとったせいばかりじゃありませんよね。
今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

アビトゥア最終試験と追加口頭試験

初めにアビトゥアについて簡単なおさらいをしてみたい。

アビトゥア、イコール最終筆記試験だと思われている方も少なくないと思われるが、アビトゥアの最終成績はこの試験の結果だけではなく、この試験を受けるための資格を取る、高等部最後の2年間の資格取得期の成績との総合成績となる。

900点満点中の300点が最終試験に、600点が資格期の成績に由来する。

また最終試験は州によって多少異なるものの、大概ドイツ語、数学、第一外国語から最低2教科、理科・社会から各1教科(数学選択者は社会から2教科、或いは第二外国語、美術、音楽から1教科選択可)となっており、合計4、5教科の内1教科は口頭試験(プレゼンテーション等を含む事もある)のみとなっている。

最終試験の成績だけでなく、資格期の成績は10年生までと異なり、15段評価となっている。5点未満(4-以下)は資格期全期を通じて7つ(内能力コース3つ)までが許容範囲で、それ以上になると資格取得不能となる。

15.png

因みにNRW州の最終試験は4教科(内2教科が能力コース、2教科が基礎コース)で、各教科の成績はコースの種類に関わらず、5倍で計算される。

例えばフランス語が6点(4+)であったとすると、30点で総合点に算入される。

合格に必要な条件は、4教科の内の少なくとも2教科が25点以上であり、少なくとも能力コースの1教科が25点以上であるうえで、合計得点が100点以上であることである。

上記の条件を満たさない生徒の大半は、筆記教科である3教科の追加口頭試験を受けることになる。その場合の試験教科の順番は生徒が自由に選択できようになっている。

追加口頭試験は、条件を満たしている生徒でも、受けなければならないことがある。それは資格期の成績の平均点と筆記試験の点に4点以上の差がある場合である。

例えばフランス語の資格期の平均点が10,25点であったのに、筆記試験が6点。逆もまた然りである。

この追加口頭試験の得点と筆記試験の得点は1対2の比で合算され、それを3で割った物が最終得点となる。

例えば筆記試験が6点で、口頭が12点であると、最終得点は8点。

ところでアビトゥアの最終成績は1,0(総合点823点から満点900点)から4,0(300点)までで記載されることになる。

よって追加口頭試験を受けることにより、アビトゥアの最終成績の平均を上方修正することも不可能ではないので、筆記試験で不本意な点を取った生徒のなかには、自主的に試験を受ける者も例年でてくる。

最後に資格取得期の(自主)留年システムについて説明したい。

追加口頭試験を受けても不合格であった場合、普通は資格取得期2年目前期に戻るのだが、 次の学年に能力コースが成立していないような場合、1年目前期に戻ることになるのかどうかは確認していないため定かではない(無論、重複した期の昔の成績は全て無効となる)。

例えば私の子供達が通うギムナジウムでは、2016/17年度は化学の能力コースがあったが、17/18年度は成立せず、代わりに物理の能力コースが成立している。もし化学のコースの生徒が不合格になった場合、どうなるのであろうか。

最終試験を受ける資格が取れなかった時も同様である。

また資格が取れそうであっても、かなり得点が低く、最終試験に合格する自信も無い場合、資格取得証受領前に、辞退することも可能である(未受験自主留年)。受領後に試験放棄をすると、受験不合格扱いとなる。

補足すれば、資格取得期1年目の終わりに、能力コースに問題ありとされる生徒に対しては、留年してコース変更をするよう勧告がでる。それ以外に学力不振の生徒には2年目前期修了時に留年を勧めることがある。

成績を上げる目的での自主的な留年は規則上、認められていないが、学年会議で認可されれば可能である。

いずれにしても、資格期は上限が4年であり、最終試験受験は上限が2回となっている。

abi3.png




今週の火曜日に長男は英語の口頭試験を受け、直後に口頭試験の成績発表がありました。口頭試験に関しては、市販されている参考書とかにも資料が乏しく、どうなることかと冷や冷やしましたが、14点と好成績を収めることが出来ました。
今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


子供がいる家庭必読!使い物にならない賠償責任保険

独身の時はともかく、家庭を持ち、子供を持つようになると、家族保険というものに、関心が出てくるのだが、この中に賠償責任保険も含まれる。

しかし、これが非常に使い物にならない。

まず未就学(7歳未満)の子供が物品を破損した場合、例えば公共物や、デパートやスーパー等でガラス・陶器製品などを壊すなどした場合、親の監督不行き届きとなり、賠償責任保険では支払われない。

我が家はマンション住まいで、庭先に共有の遊び場というか空き地があるのだが、その昔、ここで子供達だけで遊ばせていたら、他の住人から苦情がでた。

その住人曰く、空き地は子供だけで使用させてはいけないと規則に書いてあるというのだ。

そこで規則書を読んでみると、確かに空き地を使用する場合、6歳以下の子供は父兄同伴であると書かれていたのである。

当時はその事を非常に不満に思ったのだが、賠償責任の事を考慮すれば当然のことである。

小さい子供だからこそ、親の目を盗んで、事をしでかすわけで、そのための賠償責任保険だと考えていた私には、大きな衝撃だった。

賠償責任保険の落とし穴はそれだけではない。

最近、次男が自転車同士の接触事故にあったのだが、直接の目撃者がいなかったため、右折した友達に気をとられてぶつかってきた7年生の女の子は、その事実を認めず、事故で損壊した自転車の修理代は全て次男が支払うことになった。

加害者の自転車は壊れなかったようだが、被害者である次男が乗っていた自転車は前輪のブレーキの部分が歪み壊れたほか、それを支える部分が折れてしまったのである。

さて次男がその時乗っていた自転車は、学校の友人から昼休みに借りたものであったのだが、これに賠償責任保険がおりるかといえば、答えは残念ながら否である。

なんと借用した物品には賠償責任保険はきかないのである。

勿論加害者が非を認めれば、加害者の保護者の賠償責任がおりるのであるが、それも不可能のようだ。

というのも学校の社会教育担当をはさんだ生徒同士の話合いでは、女子生徒は何も言わず、連絡先を次男に渡したのだが、夜に保護者に電話をすると、次男がぶつかってきて、彼女がよけようとしたという話になっていたうえ、賠償責任保険に加入していないということだった。

私も以前勘違いしていたのだが、賠償責任保険は支払いがあっても、自動車の保険と異なり、それにより保険料があがることはない。

私はその保護者もまた外国人であるため、もしかすると勘違いして保険を利用することを拒否しているのかもしれないと勘ぐっているのだが、それを言い出すこともできず、現状では自腹で修理代300ユーロを出すことになっている。

警察でも証人がいれば民事訴訟を起こす事も可能であるといわれたが、車道を走っていた車の運転手以外、目撃者もいない状況だったため、ほぼ不可能だと思われる。

ドイツの諺に「正当性があるのと、それが認められるのは別物だ」というのがあるが、正にその状況である。

ついでに賠償責任保険について補足するならば、追加で借用物に対する保険というのも付けられるそうだ。

ところで家族保険だが、子供が成人になった場合、どうなるのだろう。

これについて、保険会社に問い合わせたところ、成人の子供も親と同居している場合、25歳(?)位までは親の保険が適用されるとのことであった。

このブログの読者はお子さんがいらっしゃる方がほとんどであると思うので、賠償責任保険の適用条件についてはくれぐれも注意して頂きたい。



今回も最後までお読み頂き有難うございました。ランキングは励みになりますので、もしよければ下のドイツ情報のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ダイネムター

Author:ダイネムター
がんばってんジィ(Sie)!の管理人、ダイネムターです。18歳の長男と16歳の次男をドイツNRW州のギムナジウムに通わせている日本人母です。
長男のアビトゥアがやっと終了しました。次に控える次男のアビまで、5月31日現在あと315日。
これまでの経緯で気づいたドイツと日本の教育の違いや、お子さんをドイツ内外のドイツ学校に通わせていらっしゃる方々へ何か役に立てることがあれば書いていきたいと思っています。
他の州の情報にも興味がありますので、うちの州はこうだぞというようなコメントを頂ければ嬉しいです。

最新記事
ブログ村ランキング
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者様用リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR